こまめな清掃でPCを長く使う

PCのパーツなどには気を使いますが、あまり本体やキーボードの清掃などには気を使わない人は多いのではないでしょうか?
PC内部の開閉というのは早々頻繁に行うものではありませんが、やはり定期的な清掃を行いホコリなどの除去を行えば、排熱効率などがアップします。
しかし、PCは電気製品、雑巾で水拭きすれば良いってものでもありませんので、清掃の仕方を考えてみます。

PCケース本体

外側でしたら静電気のあまり発生しない布で乾拭きで良いでしょう、基本的にPCケースの外側は目につくところなので、皆さんそれなりに清掃なりしていると思います。ゲーミングPCメーカーのデスクトップは冷却効果を高めるため、PCケースのメッシュを多くしたり大きくしたりしていることが多いため、まめにホコリを取り除くようにしましょう。

PCケース内側

いよいよ、本体内部です、近年開けて無い方はもしかしたらその汚さに吃驚しているかもしれませんが、それが現実です、ありがとうの意思をこめて丁寧に掃除しましょう。
まず、電源がしっかり切れていることを確認し、静電気を除去するために、静電気除去製品か帯電してない金属物を触り身体から電気を逃がしておきましょう。
そうして、まずホコリを飛ばすために、エアダスター(空気を出してホコリを除去するスプレー)などで、機器の隅々までホコリを除去してください。
新聞紙を敷く、ダンボールで囲うなどすると、まわりにホコリが飛びません。

PCケース内それぞれの部品を清掃する

一番汚れていると思われるのはCPUのファンだと思います、取り外し可能であれば取り外しをして、ファンが回転しないように押さえてウェットティッシュや綿棒などで綺麗にしてあげると良いでしょう。
電源ユニット、マザーボード各種基盤は水分に弱いので、エアダスターで入念にホコリを除去した後、しつこいところは綿棒などを使って綺麗にしてください。

付属品などを清掃する

マウス、キーボードなどを清掃します、マウスについては、いまどきボールがついているものは使用している人は少ないと思うので割愛しますが、光学感知部分を綿棒などで清掃、分解できるマウスでしたら分解して中まで清掃しましょう。
回転部分などに思わぬホコリがたまっています。
キーボードはかなり厄介です、もしキーが簡単に外せるものでしたら、キーは全てはずしましょう、外す前に、デジカメやスマホでキー配列を撮影しておくとあとで、確認の際に便利です。
キーは一つ一つウェットティッシュか雑巾などで拭きましょう、内部はエアダスターでホコリを除去、綿棒などで細部を清掃します。

その他細部

USBポートなどの穴にも少々のホコリがたまっていたりする場合もあります、こまめに綿棒や爪楊枝を使って清掃すると綺麗になります。
冬の静電気の発生しやすい時期もそうですが、梅雨の湿気をホコリが吸って、思わぬPCの故障を引き起こしたりするので、季節のかわりめにはPCを今一度清掃することをオススメいたします。
PCが故障すると目も当てられません、自分の愛機を長く使うためにも清掃はこまめに行いましょう。

パソコンの漏電対策

パソコンを使用していて、アース線(緑色の線)をしっかりと接続している人は少ないと思います。
最近はあまり漏電による事故などは少ないですが、これから暑い季節となると汗をかいて皮膚が通電しやすくなっているので、もしも漏電していた場合には非常に危険な状態となります。
冬の静電気とは違い、漏電していた場合には非常に高い電圧がPCに帯電した場合、大事に至る場合も考えられます。
あくまで大事が起こってからでは遅いことを過程しております、最近ではアース線をつながないご家庭が増えているようなのですが、できれば接地(アース)をとることをオススメします。
コンセントにアース線をつなぐマークがあるところは緑色の線か三極のコンセントがついていると思います、無い場合で接地したい場合はお近くの電気工事店でしっかりと電気工事士などの資格を持っている方に頼んでください。
ある場合は、しっかりとアース線をつなぐか、三極のコンセントを接続してください、途中でマルチタップを二極のものにしていると意味がありませんので、アース付きのマルチタップを使用し接地をすると良いでしょう。
勿論PCの電源ケーブルも三極しっかりつなぐことをオススメします。
あくまで、アース線は、パソコン他の電気機器でなんだかのトラブルや故障などで帯電や過電流が流れた電気を地面に逃がすことにより、火災や感電を避けるためのものです。
無くても平気だから、と思っていらっしゃっても何が起こるかはわかりませんので、今一度接地(アース)のとれる機器への見直しも考慮していただければと思います。